投資信託比較TOP >

話題のNISAで始める投資

2014年から開始された制度「NISA(ニーサ)」。始めるならどこがおすすめ?

NISAとは

NISAとは「少額投資非課税制度」のことで、上場株式や投資信託などの配当所得や売却益にかかる税金が非課税になる口座です。

【NISAのポイント】
日本に住む20歳以上の人が利用できる
毎年100万円分(2016年より120万円)の配当所得や売却益に税金がかからない
非課税期間は投資を始めた年(2014年〜2023年)からそれぞれ最長5年間
証券取引所に上場している株式、投資信託、ETF、REITなどが対象

NISAはここに気をつけよう

・開設できるのは1人1口座のみ
・新規の投資が対象(移管はできない)
・非課税枠は一度売却してしまうと再利用できない
・特定/一般口座との損益通算ができない
※執筆時点の情報です。 制度は変更になる場合があります。

NISA口座は証券会社がおすすめ

NISA口座は銀行や証券会社で開設できますが、銀行の場合、購入できるのは一部の投資信託のみで、株式の個別銘柄も売買できません。対象商品の豊富さや売買手数料などのコストを考えると、証券会社でNISA口座をつくるのがおすすめです。

【NISAで何を買うべき?】
どの金融商品に投資するかは各個人の判断になってきますが、投資信託ではノーロード(申込手数料0円)のインデックスファンドや分配金の高いREIT(不動産投資信託)が人気のようです。また、個別銘柄では武田薬品工業やみずほフィナンシャルグループ、キヤノンなど高配当の企業が人気です。

NISA枠の限度いっぱいまで使おうとした場合、個別銘柄だと調整が難しいのですが、投資信託なら1口単位で購入できるのでムダなく枠を使えます。また、値上がりした時に30万円分だけ売ろう、といったことができたり、投信積立が可能なので毎月少しずつ購入しやすいのもメリットといえるでしょう。

NISA口座を開設するならココ!

SBI証券SBI証券
手数料が安く、NISAの対象となる金融商品も1,400本以上(*)の投資信託をはじめ、国内株式、ETF、REIT、外国株式と豊富なのが人気の理由。また、売買手数料が実質0円になるキャンペーンも実施されています。 (*)2013/12/26現在

投資信託比較ランキング:楽天楽天証券
こちらも手数料が安く、取り扱っているNISA対象金融商品もSBI証券にひけをとらない豊富さがあります。また、取引内容によっては楽天ポイントがもらえることも。

マネックス証券の投資信託マネックス証券
上記2つの証券会社と比べると投資信託がやや少ないのですが、1回の売買額が30万円未満の場合の手数料が安いです。外国株式(米国株式、中国株式、海外ETF)も取扱いあり。

カブドットコム証券の投資信託カブドットコム証券
三菱UFJフィナンシャル・グループの証券会社です。他社にはない「フリーETF」という商品があり、一部の対象ETF銘柄が手数料0円となっています。